環境方針

環境方針

 

  1. 舞鶴厚生株式会社のサービスがライフラインを支えるために必要であり、サービスの結果が環境に与える影響も大きいことから、サービスを維持し続けるために必要な資源を投入し、強い組織基盤を作ることで役割を果たします。

  2. 毎年度に自社を取り巻く内部・外部の環境を分析し、事業活動が環境影響に与える状況を確認することで、より良い環境作りに貢献する組織作りを行います。

  3.  事業計画の達成が環境目標の達成となるよう、環境に配慮した計画を策定し続けます。

  4. お客様の声や法令による要求・順守事項に対応できるよう最善の努力を行います。

  5. CAPDサイクルによって、迅速かつ継続的な事業計画の達成を目指し、お客様の厚生に貢献します。

 

 

 

 更新日 2022年2月25日    
舞鶴厚生株式会社   
代表取締役 森 孝文